Ita赤羽 × イタリア

イタリア伝統家庭料理ナスのフリット

Luca
  • Badge supercookSUPER
    COOK
  • Badge reviews6DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

これはどんな料理?

メニュー:
Medaglioni di Melanzane  - ナスのメダリオニ
Pasta del Giorno ー 日替わりパスタ
Caffè - イタリアンモカ

日本でも手軽に買える米ナスにハム、チーズを使って作るイタリア版ナスの挟み揚げです。
この他にcookにお任せで美味しいパスタをご用意します。
リクエストにもおこたえします!
お食事の最後にプチデザートがあります。

日本のイタリアンレストランで食べるイタリア料理とは一味違う、本格イタリア家庭料理「マンマの味」をマンジャーレ!

ご近所で手に入る食材を使って、母や祖母から受け継いだイタリア家庭料理の美味しさを再現します。

美味しいお料理には人を笑顔にし、幸せにするチカラがあると思います。
一緒に美味しくて楽しい時間を過ごしましょう!

当日の流れ

待ち合わせ 予約画面に表示された地図・住所へ向かいましょう。COOKによっては、直接に会場へではなく、駅前など指定される場合もあります。 食材の準備 もし、事前のお買い物や準備に興味があれば、COOKに聞いてみましょう。 クッキング 料理を手伝いたい人は教えてね!料理教室の場合は、ここから本番スタート! KitchHike! おいしい料理をいただきます!食文化や料理の話、COOKが料理に込める想いなど、話すことは盛りだくさん! ごちそうさま&レビュー お腹いっぱい楽しめましたか?後でレビューを書くのも忘れずに!

COOKの紹介

Luca
Lucaさん Ita イタリア
  • Badge supercookSUPER
    COOK
  • Badge reviews6DISHES
  • Badge officialcookOFFICIAL
    COOK

ルカさんは日本に住んでどれくらいになるのですか?

日本に住んで3年半になります。日本人の奥さんと1歳になる子供がいて、今は主夫をしています。もうすぐ家族が増える予定です!

米ナスのメダリオンはどういった料理ですか?

米茄子を輪切りにしたものの間に、ハムとチーズを挟んで、からりと揚げた料理です。イタリアのどこでもよく見られる一般的な料理で、僕の実家でもよく作っていたんですよ。

KitchHikeの経験は長いんですか?

実は、まだKitchHikeは始めたばかりなんだ。でも、もともと料理を教えるのが大好きだから、イタリア語を勉強している近所の日本人の友人を招いて、イタリア語でイタリア料理を教えたりはしていました。

KitchHikeの看板メニューに、米茄子のメダリオンを選んだ理由はなんですか?

それは、子どものころにマンマ (お母さん) とノンナ (おばあちゃん) と作った、僕にとって「家庭の味」だから。イタリア人はマモーニ (イタリア語でママっ子、マザコンのこと) が多いんです……僕は違うけどね (笑)!

Unspecified 1

手作りトマトソース

鮮やかな色をした甘いトマトを使いました。
Interview foreign cook luca1

米ナスは厚めのスライスにカット

アメリカの大きくて丸い品種を日本で改良したのが「米ナス」だそう。
Unspecified 6

油と茄子の相性はばっちり

たっぷりの油で米ナスを揚げます。今にも音が聞こえてきそう!
Unspecified 7

おしゃれな一品が完成

オリーブオイルと塩でシンプルに味をつけたサラダを添えていただきます。
Unspecified 2

料理中のルカさん

調理中はバンダナをつけて、衛生面にも気を使っています。
Unspecified

慣れた包丁さばき

主夫なだけあって、慣れた包丁さばきで野菜を切っていました。
Interview foreign cook luca4

食前のドリンク

ルカさんオリジナル食前酒。レモンの香りが夏にぴったりのドリンク。
Unspecified 5

日本で見つけるイタリア食材

スーパーで食材で本格的なイタリア料理を作れないか試行錯誤しているそう。
Unspecified 8

赤羽のイタリア

「次女が産まれて落ち着いたらぜひ、僕と可愛い娘たちに会いにきてね!」

レビュー(4)

  • Yoshiko
    Yoshikoさん 2017-02 今回初めての参加でした。 ひとり参加だった為最初は若干の不安もありましたが、Lucaさんが温かく迎えてくださり結果とても贅沢なプライベートレッスンになりました。 今回は料理のレッスンからやらせていただき、イタリア語もイタリア料理も大好きなので片言のイタリア語を交えながら行いました。 Lucaさんは日本語もとても上手なので説明は丁寧に作業は手際よく進みました。 メニューは Pasta al forno(パスタのオーブン焼き) Zuppa di porri e patate(ネギとポテトのスープ) Torta Caprese(チョコレートとアーモンドのケーキ) 日常にある材料でできる本格イタリア料理、どれも美味しくておかわりしてしまいました。 Lucaさんから「レシピだけに頼らずに時々味見をして素材にあわせて調理することがとても大切」だと教えていただき、忘れないうちに今日の美味しい料理を家で作りたいと思います。 Grazie mille per la lezione e i buoni piatti. Ci vediamo a presto. Ciao!
  • Hiroko
    Oda Hirokoさん 2017-02 親友と2人(+0歳児2人)で参加させていただきました。 お子さんがいらっしゃるというルカさんと、ルカさんのイタリア語の生徒さんがあたたかく迎えて下さいました(お邪魔したお宅は、生徒さんのお宅なのだそう)! 広くておしゃれなキッチンでした。 アメリカで仕事されていたというルカさんの英語はとてもきれいで聞き取りやすく、久しぶりに英語をたくさん聞けました。 わからないときは、ルカさんの流ちょうな日本語に助けられました(笑) 華美な印象のあるイタリア料理でしたが、ルカさんの料理は「残ったパスタで作る休日の料理」など、とても家庭的なイタリア料理。 「ポテトとネギのクリームスープ」は、優しい味で親しみやすく、とてもおいしかったです。 帰ってから早速作ってみました。レシピが簡単なのも嬉しい! 「残り物のパスタで作る」というパスタアルフォルノは、簡単ながら見た目が華やかでおいしく、ボリュームたっぷりの大満足な一品。 バレンタインを意識したというトルタカプレーゼ(チョコレートケーキ)も、難しいイメージのあるお菓子作りをより身近に感じさせてくれました。 「イタリア人はめちゃくちゃ甘いものを食べる」という話が上がったけど、このケーキはビターで食べやすい、と思ったら 「日本人用に、砂糖を20%カットしてるんだよ」と秘密を教えてくれました。 料理教室を多数開催しているルカさんの説明は、レッスンのポイントをしっかりおさえていてとてもわかりやすかったです。 その経験から、レシピを少しずつアレンジしつつも、イタリアの家庭料理を伝える活動をされています。 親友は初キッチハイクでしたが、とても楽しんでいました。 初めての方にもおすすめの先生です。 『面白いルカさんのトークを聞きながら、普段作ったことがない美味しい料理の作り方を教えてもらえて、楽しくお腹も満足出来るレッスンでした。』
  • Ishikura
    Ishikuraさん 2017-01 【イタリアと日本の違いを美味しく楽しんで、HIKEを100%堪能】 十条の下町の街並みを通り抜けた先にある、LUCAさんのキッチン。 アットホームなキッチンでは、普段イタリア語で料理教室をしたりしているのだそうです。 LUCAさんの日本語はとっても流暢。日本人の奥さんと、まだ赤ちゃんの息子さんの掛け合いも、とっても和やかでした。  この日の主役は、ひよこ豆とエビのスープとパンプキンパイ。 スープはクリーミーでさっぱりした味。豆料理は甘くせず、塩っぱく仕上げるのがイタリア風なんだそう。 パンプキンパイも、しっかりオカズの味。パクパク美味しくいただきました。  食後のデザートをいただきながら、「日本のドーナツは甘くない」なんて話を聞いてびっくり。 日本は海外に比べて、糖分控えめなんだそうです。イタリアはスイーツもコーヒーもっと甘いよ、って。そうなんだ! なんて具合で話題は尽きず、本当に楽しい時間でした。またゆっくりイタリアを堪能させてください☆
  • Sayaka
    Sayakaさん 2016-02 Lucaさんの温かいおもてなしと本場のイタリア家庭料理で、とても良い時間を過ごすことが出来、ついつい長居してしまいました。 日本語も英語も流暢でいらっしゃるので安心しました。国際結婚や娘さんのお話など伺え、楽しかったです。他のメニューもおいしそうなので、ぜひまた伺いたいです。次回は奥様&可愛いお子さんたちとも交流出来たらいいな、と思っています:D